選ばれる理由があるエコワークスの「木の家(木造住宅)」|新築一戸建で注文住宅をご検討の方へ。エコワークスは、福岡・熊本の工務店、住宅メーカーです。和風/和モダンな平屋なども承っております。

MENU

トップページ > 持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)

2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です「世界を変えるための17の目標」

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

Japan. Endless Discovery.
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられる まちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsへ向けてエコワークスの取り組み

エコワークスは、環境建築のトップランナーとして、住まいづくりを通して、SDGs(持続可能な開発目標)を積極的に推進し、社会の持続的発展に貢献していきます。

次世代につなぐ住まい

将来的なエネルギーコストの上昇、建物老朽化のリスクに備えた住宅を提供します。

  1. 貧困をなくそう
  2. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  3. 住み続けられる まちづくりを

省エネ・創エネ住宅の普及により、エネルギー格差のない脱炭素社会の実現へ

気候変動対策などを背景に上昇が懸念されるエネルギーコストに備えて、将来にエネルギー貧困を作らないために新築おいてはZEH、LCCM住宅に、既築ついては断熱改修(リノベ―ション)の普及に取り組んでいる。
春日モデルハウス(LCCM住宅)/春日リノベーションモデルハウス

2017年度のZEH率は93%。年間50戸以上を建築するビルダーとしての日本トップ(住宅産業研究所調べ)。同年度に建築した全戸合算のZEH率は104%で、国の2030年度の目標である平均ZEH化をいち早く達成。
■エコワークスが目指す2020年までの「ZEH目標」と実績

一歩先行く住まいを提案するために

2012年3月に日本初のLCCM住宅五つ星認定取得。2016年4月1日の建築物エネルギー性能表示制度(BELS)開始後、日本第一号のBELS取得。その後、全棟取得中。創エネを除くBEI(省エネ率)は平均3割を超え、断熱と設備による徹底的な省エネ性を実現している。
■低炭素化に向けた住宅性能イメージ

資産価値の下がらない永く暮らせる住まい

全棟、長期優良住宅認定取得により、住宅の長寿命化を推進している。CASBEE戸建の認証取得にも積極的に取り組んでいる。

いつも安心・快適な住まい

徹底的なシックハウス対策によるキレイな空気環境と最高レベルの耐震性能で、家族を守る

  1. すべての人に健康と福祉を
  2. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  3. つくる責任 つかう責任

赤ちゃん基準の空気環境で、誰もが健康的に暮らせる住まいを届ける

モデル住宅などにおける室内空気質測定(国が定めるVOC六物質)により安全性を確認し徹底的なシックハウス対策を実施しています。本件取り組みは2008年頃から実施しており全国的にも先駆けとなりました。
■ホルムアルデヒド比較
■住宅性能表示制度に定められている有害化学物質の測定結果

※<0.01ppmは、測定可能な限界値0.01ppm未満であることを示しています。●測定場所/弊社モデルハウス●測定日/平成19年4月19日〜20日(24時間換気扇を停止した状態で測定)●分析機関/(株)ダイヤ分析センター内 (財)ベターリビングつくば分室

厳選された自然素材でつくる「赤ちゃん基準」の住まい。室内には合板をほとんど使用せず、無垢材をはじめ、イ草(畳)、珪藻土や和紙クロス、塗料に至るまでこだわりの自然素材を使用。赤ちゃんが舐めても安心が基本です。
合板ゼロ/無染土無着色たたみ/高調湿性能の珪藻土/天然植物油100%塗料/和紙クロス
※気密層より室内側での合板の使用を部材面積比1%以内としています。各種オプションをご希望される場合、下地などの一部に合板を使用する場合があります。

住まいの中で、事故があってはいけない

ZEH基準全棟クリアの高断熱性により、家中の温度差がほどんどなく、ヒートショックの予防に繋がります。
■エコワークスの家 室内温度イメージ

万が一の災害時でも、住まう人にとって一番安心の場所であること

レジリエントな社会形成のために建築する住宅の耐震性を全棟等級3としている。熊本地震の震源地近傍の弊社の住宅は被害が軽微であり、減災への有効性が確認された。合わせて、ZEH、LCCM住宅の推進により、万一の大災害時でも温熱環境の維持とエネルギー自立を担保している。

豊かな緑を守る住まいづくり

厳選素材にこだわり、緑の循環を実現します。

  1. 陸の豊かさも守ろう

地産地消の住まいづくりで自然を守る

建築用材としての木材の調達において、原木については持続可能な森林経営が行われていることを第三者認証しているSGEC認証材を積極的に取り組み、循環型社会の実現へ向けて取り組んでいます。
※一部木材のみ
SGEC「緑の循環」/人と森、山と町を結び元気な循環型地域社会をつくります

事業拡大と環境保全の両立

脱炭素社会の実現に向け、高い環境目標にチャレンジし続けます。

  1. 気候変動に具体的な対策を

中小企業版SBTによる削減目標の設定

  • Scope1・2の削減目標と削減に向けた取り組み
    目標:1.5度目標に合わせて2050年に実質ゼロに向けて、2030年に2017年比45%削減を目指す。
    取り組み:Scope2の電力については全てRE100(再エネ100%)をできるだけ早期に目指す。具体的には再エネ電力メニューの検討、FIT切れの太陽光発電の自家消費、車両のEV化等を推進する。
  • Scope3の削減目標と削減に向けた取り組み
    取り組み:Scope3カテゴリ11において、ZEH、LCCM住宅等の低炭素住宅を提供することで、居住段階の排出量削減に寄与する。
  • SBT(Science Based Targets)とは?
    産業革命時期比の気温上昇を「2℃未満」にするために、企業が気候科学(IPCC)に基づく削減シナリオと整合した削減目標を設定。

未来に繋がる「環境分野」3冠達成

うちエコ診断士(環境省・公的資格)のを持つ社員により、光熱費やCO2排出量を診断。結果をもとに、省エネでロハスな暮らし方をアドバイス。その取り組みは公にも評価されている。

  • 平成24年度 環境大臣表彰 地球温暖化防止活動対策活動実践部門
  • 平成24年度 県知事表彰 くまもと環境賞 ストップ温暖化賞
  • 低炭素杯2013 最優秀賞 家庭エコ活動賞 協賛・協力企業/団体賞

トップランナーとしての責務

環境建築のトップランナーとして、私たちのノウハウを共有し、環境保全へ取り組みます。

  1. パートナーシップで目標を達成しよう

九州から日本の住まいを変えていく

一般社団法人ZEH推進協議会へ代表理事を派遣し、全国の地域ビルダーのパートナーシップ(2018年現在230社)でZEHの普及と同時にSDGsの目標7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」へ取り組む。

熊本地震への復興支援を

熊本地震の復興工事で多忙を極める地域工務店に代わり、さまざまな申請手続や技術支援を行う一般社団法人くまもと型住宅生産者連合会(熊本市)を設立。熊本県産材を利用し、且つ「省エネ性・健康性・防災性」を兼ね備えた地域型先導的モデルの普及を目指し、一日も早い震災復興が実現するよう努めている。
熊本地震における被害

プロフェッショナリズムの追求

働きやすい環境で常に学び続けることで、プロとして社会に貢献する人材を輩出します。

  1. 質の高い教育をみんなに
  2. ジェンダー平等を実現しよう

“学ぶ社風”で社員の自己実現支援を

会社として社員に対して教育研修の機を多様かつ豊富に設けいる。その結果、社員総数80名のうち建築士30名、宅地建物取引士18名、インテリアコーディネーター10名、CASBEE評価員8名、エコ検定合格者77名、家庭の省エネルギーエキスパート検定30名、うちエコ診断士27名を有する。その多くはサステナブルな社会構築ために資する知見を有する。

女性も働きやすい職場環境へ

女性社員比率は、約4割に上る。女性の就業機会を男平等にしている他、リーダーとしての活躍の場を設けるよう努めている。また、産休制度の確立により、出産後もライフスタイルに合わせた働き方を受け入れる体制を整えている。

お電話・メールにてお気軽にお問合せください。
お問合せ・資料請求
完成見学会のご予約
フリーダイヤル:0120-370-910/9:00〜17:00(水曜定休)