モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

柱や梁の接合部

こんにちは!
工事の丸田です。

今回は、柱や梁の接合部についてお話させて頂きます。

まずは、簡単に建物にかかる力のお話から。
建物にかかる力はそれぞれの部材を支える部材に流れていきます。
基本的には、上から下へ、断面の小さい部材から大きい部材へと流れていきます。

その際、接合部の抜け出しが問題になります。
直行する部材同士の接合部(たとえば柱と梁など)を「仕口」、
同じ部材同士の接合部(たとえば梁と梁など)を「継手」と言いますが、
その「仕口」、「継手」の接合部がしっかりしていないと力がうまく伝わりません。

そのため、金物を使い接合部が外れるのを防止しています。
その金物が適切に設置されているか、現場監督は必ず確認し、
また、第三者機関の検査も受けております。

壁の裏に隠れる小さな金物ですが、エコワークスでは
お客様の安心、安全な生活のため日々目を光らせてチェックしております。