モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

気密測定のお話

こんにちは、工事部の古川です(^^)
今回は『 気密測定 』についてお話をさせていただきます。
気密測定とは、住宅の隙間の量を計測する検査のことです。
この気密測定により、住宅のC値(床面積当たりの隙間量(cm2/m2))が分かります。
C値は低いほど住宅の隙間の量は少ないです!
気密測定は一般的に、減圧法という家の中の空気を外に引っ張ることで
隙間の面積を測る方法で行われます。
快適な住宅には「高い気密性」が欠かせません!
例えば、高気密にすることで家全体の温度を保ち、計画的な換気を行い嫌な臭いの発生を防ぐ、断熱効果を高めるなど様々なメリットがあります。
また、気密性が低い(隙間が多い)と冬は寒く(隙間風が…)夏は暑い家になりやすく、
家の寿命も縮めてしまうので気密測定はとても大事な検査となります(*^^*)
それでは次回もお楽しみに(^^)/