モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

今年ももうすぐ冬がやってきますね。

 

エコワークスの家に入居されて初めて冬を迎えるお客さまはこの時季、「今までの家と全然違う!暖房を切ってもずっと暖かいままなんです」と驚きの声を寄せてくださいます。

 

それはなぜでしょうか?

 

高断熱の家は、例えるなら魔法瓶!

 

 

例えば、ペットボトルに入ったコーヒーと魔法瓶に入ったコーヒーをそのまま放置すると、数時間後にはどうなっているでしょうか?

 

ペットボトルのコーヒーは時間が経つと冷めてしまいますが、魔法瓶に入ったコーヒーはいつまでも暖かいですよね。

 

それは、魔法瓶が外の気温の影響を受けず、なおかつ中の熱を逃さないつくりになっているから。

 

これと同じ仕組みをもつのが、エコワークスの超高断熱の家なんです。高性能の断熱材で家を覆うことによって、魔法瓶と同じように室内の熱を逃がさないようにしているんですよ。

 

一般的なエコ住宅の約2倍の断熱性能!

 

では実際にどれくらい断熱性能の違いがあるのでしょうか?

 

住まいの断熱性能はUA値という数値で比較され、数字が低いほど熱を逃しにくい家とされています。

 

 

国が定める九州地域の断熱基準は0.87W/㎡・Kですが、エコワークスの家は実邸平均でなんと0.44W/㎡・K!実に約2倍の断熱性能があると実証されているんです。

 

だからいつまでも暖かさが続くというわけなんですね!

 

暖かさが続く=暖房費がかからない&エコ!

 

 

超・高断熱の家は室内の熱を逃さないので、例えば寝る時に暖房を切ったとしても朝起きるまでずっと暖かいまま♪ひと晩中暖房をつけっぱなしにした場合と比べると…当然電気代が安く済みますし、省エネが叶います!

 

高断熱の家は省エネ性能が高いというのは、このような理論に基づくものなんですよ。

 

 

暖かさを実感したい人は、ぜひこれからの寒い季節に展示場や宿泊体験にお越しください♪