モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

本日は熊本市北区のTKUモデルハウスをご紹介します。

 

玄関ホールを抜けるとすぐ、目の前に広がる大空間は圧巻!

家の中央に吹き抜けのあるモデルハウスです。

 

そのユニークな間取りの意図は…?

 

テーマは「家族が一体となった暮らし」

 

 

TKUモデルハウスの一番の特徴は、家のほぼ真ん中に約25帖の広々としたLDKがあることです。

 

上部には約8帖の大きな吹き抜けが。これによって視線が天井まで抜けるため、思わず腕を広げたくなるような開放感のある雰囲気に仕上がっています。

 

視線の先に見えるのは、なだらかな円を描いたアール天井。まるで家族を包み込むかのような優しさを感じる造りです。

 

このモデルハウスは家族が一体となった暮らしをテーマとしており、LDKはその象徴のような存在です。

 

この空間を中心に、いつも家族が集い、時にはそれぞれが思い思いに時間を過ごす。

そんな暮らしをイメージして、大きな吹き抜けを中心とした間取りが出来上がりました。

 

ご来館のお客さまも、皆さん足を止めてじっくり眺めていらっしゃいますよ。

 

吹き抜けを通じて家族がどこに居ても繋がれる

 

 

2階の居室は吹き抜けを囲むようにして、夫婦や子どもたちの居場所が配置されているのも特徴です。

 

プライバシーを保ちつつ、吹き抜け越しにいつも何となく家族の気配を感じられます。子どもが2階にいても「ママ、今何をしているかな?」と1階のお母さんの様子がすぐに目に入る。そんな毎日の積み重ねが、ご家族の絆をもっと深く、充実したものにしてくれるはずです!

 

 

次回はTKUモデルハウスの細やかな間取りの工夫をピックアップします。お楽しみに!

NEW ENTRY

2020.09.26

ライブラリーコーナー

【家づくりヒストリー③】宗像市・Uさん邸…