モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

このまま地球の資源を際限なく使い続けると、100年後に限界が来る

1972年、ある学者はこのような衝撃的な提言を発しました。

 

これを発端に、経済成長と環境保護を両立させつつ「地球の未来を守ろう」という動きが世界規模で高まり、幾度もの国連会議を経て2012年、ある人類共通の目標が掲げられました。

 

それが「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」。持続可能な開発目標と呼ばれるものです。

 

 

貧困・不平等の解消、つくる責任、働きがい…SDGsの17の目標

 

SDGsは地球保護や、すべての人が平和や豊かさを享受することをめざしています。

 

そのため具体化された目標は17項目と多岐にわたります。

 

例えば①貧困をなくそう③すべての人に健康と福祉を⑦エネルギーをみんなに、そしてクリーンに⑬気候変動に具体的な対策を…など。

 

詳しくはこちらをご参照ください↓

https://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sustainable-development-goals.html

 

つまり、実にさまざまな角度からのアプローチが求められているのです。

 

 

実は10年以上前に始めていた!エコワークスの環境活動

 

それではこのSDGsがエコワークスとどう関係があるのか?というと、実は同じような取り組みを当社は12年前の2008年頃からスタートさせていたのです。

 

もともと社名が「エコワークス=環境活動」である当社。

エコ住宅の造り手として安心・安全な住環境をつくることはもちろん、地球環境の危機にもいち早く着目し、省エネに意欲的に取り組んできました。

 

そしてSDGsが発表された時、これまでやってきた当社の活動と17の項目にかなり共通点が多いことに気がついたのです。

 

そこで改めて私たちの理念とSDGsのゴールを照らし合わせ、活動をより深めていこうというのが新たな目標となりました。

 

 

当社スタッフの胸に光るカラフルなバッジ。これは社員一人ひとりが活動を推進する当事者であるという証です。

 

環境建築のトップランナーとして、私たちはこれからも社会の持続的発展に貢献していきます!