モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

基礎の鉄筋コンクリート

こんにちは。
工事の丸田です。

今日は基礎に使われる鉄筋コンクリートについてお話します。

鉄筋コンクリートのコンクリートと鉄筋は非常に相性が良いのはご存知でしょうか?
コンクリートは圧縮に強く、引っ張りに弱いという性質を、一方、鉄筋は引っ張りに強く、圧縮に弱いという性質を持っています。
その二つを組み合わせた鉄筋コンクリートはお互いの欠点を補いあいながら力を伝える事が出来ます。
また、コンクリートは高いアルカリ性であるため、内部の鉄筋が錆びるのを防ぐのに役立ちます。
ただし、コンクリートは空気中の炭酸ガスや水分と反応して中性化と言う現象を起こします。
中性化はコンクリートの強度には問題ありませんが、内部の鉄筋を錆びさせる恐れがあります。
そのため、鉄筋にはコンクリートによる一定のかぶり厚を設ける事が定められており、現場監督は日々チェックしております。

基礎はお客様の目に触れる事の少ない所かと思います。けれど、お客様の安全安心な生活のために極めて重要な部分になります。その基礎を丁寧にエコワークスではつくっております。お客様のため「縁の下の力持ち」的存在になれるよう、日々努めて参ります。

それでは、次回のブログもお楽しみに!