モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

皆さんは住宅の耐震性能に3つのランクがあるのをご存知ですか?

 

【耐震等級1】

震度6強から7の大地震に耐えられる耐震性能を備えた住宅。

 

【耐震等級2】

耐震等級1の1.25倍の耐震強度がある住宅。病院や学校など避難所になる建物と同じくらいの耐震性能。

 

【耐震等級3】

耐震等級1の1.5倍!最高ランクの強度。防災拠点となる消防署や警察署と同じクラスの耐震性能です。

 

 

熊本地震で示された、耐震等級3の強さ

 

震災が頻発する日本において、最先端の耐震性を備えた住まいを提供することは、もはや住宅メーカーの義務であると私たちは考えています。

 

そのため当社の家は耐震等級3を標準採用とし、住む人の安全性に最大限配慮しています。

 

2016年に熊本地震が発生した時、この取り組みが功を奏し、幸いなことに当社のお客さまの家はほとんど被害を受けることがありませんでした。

 

心配した熊本のスタッフは震源地に近いお客さま宅を手分けして1棟1棟訪ね歩いたのですが、お客さまから聞かれたのは「エコワークスを選んで良かった!丈夫な家を建ててくれてありがとう」という嬉しい言葉でした。

 

念のため、お客さまの了承を得て耐力壁などが損傷していないかどうかを調べさせていただいたのですが、問題なし。繰り返し来る余震にも何度も耐え、今も皆さまに安心して住み続けていただいています!

 

 

耐震等級3で得られるもう一つのメリット

 

耐震等級3を取得するにはさまざまな厳しい基準がありますが、それをクリアすれば安全面だけでなく経済的にもメリットがあるんです。

 

地震保険には耐震等級が高いほど保険料が割り引かれる「耐震等級割引」という制度があり、耐震等級3の場合はなんと50%の割引が適用されます!

 

安心を手に入れられる上に出費も減るというのはとてもお得ですよね!

 

これを機にぜひ、地震の備えについて考えてみてはいかがでしょうか?