モデルハウス
カタログ請求
イベント情報
オンライン相談

最近の研究で、住環境が人の健康に大きな影響を及ぼしていることがわかってきました。

 

住まいを選ぶ際には、「健康に暮らせる家かどうか」という視点がもはや不可欠になっています。

 

交通事故の3倍!入浴中の死亡事故

 

 

住環境によって引き起こされる病気としては、まずヒートショックが挙げられます。

 

ヒートショックとは、暖かい部屋から急に寒い部屋へと移動した時に、その温度差で血圧や脈拍が乱れて体がダメージを受ける現象のことを言います。血圧が乱れると、心筋梗塞や脳卒中といった致命的な病を発症してしまう危険性があるのです。

 

ある統計によると、入浴中に亡くなる人の数は交通事故の約3倍とも言われていて、医療関係者もヒートショック予防のために脱衣所やトイレを暖めることを推奨しています。

 

有害化学物質と寒さの影響でアレルギーに

 

 

住宅の建材などに使われる化学物質などの影響で室内の空気が汚染され、目のかゆみや咳、頭痛などのアレルギー症状が起きることをシックハウス症候群と言います。

 

またアレルギーは7度以上の寒暖差でも起きやすいと言われていて、鼻水・鼻づまりの他じんましん、胃腸の不振などの症状が出ることもあるそうです。

 

住む人の健康を第一に考えたエコワークスの家

 

 

エコワークスでは以上のような住環境による疾患を避けるために、家中の室温を常に18℃~20℃にキープできるほどの超高断熱を採用!寒い季節でも、寝る前に暖房を切っても翌朝まで温度を維持できるくらい暖かい家を実現しています。

 

また化学物質に弱い赤ちゃんにも安全な素材を使用し、アレルギーの原因をできるだけ排除しています。

 

当社の家と健康に関する考え方については、詳しくはこちらもご参照ください♪

https://www.eco-works.jp/concept/health/